EDの症状について

 

ED,ストレス

日本人の多くの方がその予備軍だとされているEDですが、日本ではEDに患っているのに、自分では老化が原因だと考えてEDだと思っていない人が多いようです。

 

もちろんEDの原因に老化問うこともありますが、純粋に老化が原因で起こるEDは60代頃からなのです。早い人では30代のころからEDの初期症状がみられ、時には20代でもEDの症状がみられる場合が増えてきているようです。

 

このような方はもちろん原因は老化以外の部分にあります。まずEDの定義ですが、満足に性交渉ができない、勃起に時間がかかるという時点で認定されます。その原因の一番に挙げられているのが実は老化ではなく、ストレスなのです。

 

日本人は高度経済成長期に家庭や個人の楽しみを我慢して仕事をする文化が染みついているといえます。その頃は仕事をしたらした分だけ結果がきちんと出て仕事にやりがいがありました。

 

ED,ストレス

しかし、今では、同じように仕事をこなしていても、結果が伴わずにストレスがたまる社会となっているのです。ストレスから病気になることはみなさんがご存知のことですが、そこからEDになるということはあまり知られていません。

 

さらに夜更かしなどもEDにはよくないとされています。人間は従来、昼間に起きて夜は眠るというのが普通です。その習性を忘れた生活を続けていると体がついていけず、体に異変が起こるのです。その症状の一つに挙げられるのがEDです。

 

以前は私の悩んでいたEDですが、ジェビトラなどのED薬を服用することで、改善に向かいます、ジェネリック医薬品などは一錠200円ぐらいでありますので、お悩みの方は購入を検討されてはいかがでしょうか?