ED治療薬を使う人のイメージ

ED治療薬を使う人のイメージ

ED治療薬を使用してのインポテンツの医療は多くの社会理論学者がアメリカにおける男性のあり方に懸念を表明しているのです。

 

ED治療薬を使用して、きちんと調整された柔軟な機会としての男性の体を強調することは、感情の無い性行為のイメージが定着してしまうかもしれない、勃起にED治療薬が介入すると、ただ挿入を目的とした性行為になり下がってしまい、男性も女性も性行為にとっての大切なものを失ってしまうのではないだろうか?

 

故にED治療薬など医療機関が干渉するような性行為は、人間にとって良く無い方向へ進むのではないかと考えるのです。

 

今の文化はパフォーマンスの文化ともいえます。目だったもの勝ち、言ったもの勝ちの世の中でもあります。人が自分自身を売り出しています。ED治療薬であれボトックス注射であれ、自分自身のホントの姿を改善するための手段が正当化されている文化なのです。

 

そのためにバイアグラは、他に類を見ないほどの人気商品となりました。それも販売してからすぐにバイアグラブームが起こったのです。

 

これにはファイザー社の売り込み戦略が功を奏したということです。ファイザー社はアメリカ初期品医療品機構にバイアグラの販売申請を提出していました。真性の合否が発表される前から、ファイザー社はテレビシーエムや雑誌などにED治療薬の広告を載せ続けていました。そのために社会はバイアグラの登場を待ち望んでいる状態であり、その期間中に審査が行われていたために、時間がかかりすぎるとの苦情があったほどだそうです。

 

発売と同時にバイアグラは空前のヒット商品となったのです。